経理の仕事に最適な情報を届ける|転職情報ナビ

歴史あり、美しい街で働く

6人の男女

観光客が増えて人手不足

京都は現在、国内外問わずに観光客が増加しており、年間約5千万人が訪れているとも言われています。今後も東京オリンピックなどで日本に訪れる人が増えて、更に京都も賑わうことが予想されます。これに伴って京都の観光業であるホテルや旅館などでのサービス業、タクシーやバスのドライバーなどの求人も増える可能性が高いです。もし、京都で求人を見つけて働きたい場合は観光に携わる仕事が狙い目になっていて、人手不足という状態が続けば賃金の方も上がっていく可能性が高いです。少し前と違っているところは特に外国人観光客が増えているということで、英語や中国語などを話せるという人材が求められていますので、通訳やガイドの求人も増えています。

場所をよく確認しておく

京都の求人で注意しておいた方が良いことには京都特有の建築物があります。これは京都では建物に規制を設けていて、建物の外観が非常によく似通っており、他の都道府県の方が面接の時などに目的地が分からなくなってしまうということが度々見受けられます。例えば他の都道府県ではよく目立つコンビニエンスストアでも、京都では景観を損なわないように屋根が瓦になっていたり、店の看板なども少し地味にしています。始めて訪れるという人は同じような風景で応募した企業の場所がわからずに時間に遅れてしまい、不採用となってしまったというケースが出ています。こうならないようにするためには、事前に地図などで住所をよく確認して場所を把握するようにしておきましょう。また京都含めて、応募の前に募集要項をしっかりと確認することも大切です。面接時に気になることを確認することも可能なので、もし募集要項を見て疑問点や聞きたいことがあれば、採用される前に聞いておきましょう。特に福利厚生などの面は、その企業で働く上で重要になってくるので、必ず見ておきたい部分になります。